労働問題と弁護士の熊谷真喜

労働問題を当事者で解決しようとすると、感情が入り話しをまとめることができない可能性があります。そこで、弁護士へ依頼して冷静な立場からのアドバイスをもらうことがおすすめです。このページでは、弁護士に相談した際に、どのように労働問題を解決することができるのかを紹介していきます。

 

労働問題はどのように解決する?

労働問題を解決する方法としては、主に4つがあります。以下にて、4つの説明と弁護士の役割についてまとめています。

 

・あっせん

あっせんとは、当事者の間に弁護士が入り、それぞれが主張する意見を聞いて話し合いで解決を目指す方法のことです。双方での話し合いでは解決できないものの、第三者が入ることで意見がまとまるようであれば、あっせんで労働問題を解決するのは有効といえます。弁護士の役割は、依頼人の立場が不利にならないよう代弁することです。

 

・労働審判

労働審判とは、裁判所にて3回以内で問題解決を目指す労働問題の解決方法です。労働審判では、裁判官と労働に関する知識を有する労働審判員2人によって、問題解決を行っていきます。短期間での問題解決が可能なのが、労働審判の特徴です。弁護士には、依頼人と裁判所へ出席し、依頼人が有利になるよう代弁する役割があります。

 

・保全処分

保全処分は、不当解雇などがあった場合に賃金の支払いを会社側に求めるなどの手段で解決することです。依頼者の立場を不利にしないように、資料を作成するなどが弁護士の役割となります。

 

・通常裁判

通常裁判とは、名称の通り裁判によって問題を解決する方法です。訴状を作成したり、裁判に出席したり、証拠を集めたりなどを弁護士が行うことになります。裁判官からの和解勧告によって、和解で解決することもあります。

 

労働問題で悩んだら熊谷真喜にお任せ!

「上司からパワハラを受けた」、「突然解雇をいいわたされた」など、労働問題にはさまざまなケースがあります。労働問題について悩む労働者は、弁護士へ相談するのも選択肢の1つに考えてみましょう。とはいえ、弁護士なら誰でもいいわけではなく、労働問題に強い弁護士へ相談する必要があります。そこで、おすすめなのが、熊谷真喜に相談することです。

 

熊谷真喜は、企業法務を中心に業務を行う弁護士です。彼女は労働問題も得意分野の1つとしていて、現在までにさまざまな労働問題を解決しています。これまで多くの労働問題に携わってきた熊谷真喜だからこそ、依頼者ごとに適した対応を行うことが可能なのです。そのため、熊谷真喜に相談することで最適な解決策に辿り着くはずです。

 

一人で悩まずに弁護士を頼る

労働問題は、弁護士に相談することで解決が可能です。弁護士は、今回ご紹介したような解決方法のなかから、依頼者にあった最適な方法を選択してくれます。企業で働いていて悩みがある方は、一人で悩まずにまずは弁護士へ相談してみましょう。